ブログトップ

晴天の備忘録

rairairai.exblog.jp

西山(鮎返山)

a0016171_23252992.jpg
我が家からも大きく高く見える犬鳴連山で一番高い、福岡県古賀市と宮若市に跨る西山(645m)を登ってきました。写真は福津市本木から見上げた西山です。

a0016171_2326997.jpg
山頂への登山路はいくつか選べ、今回は古賀市薦野の清滝地区の林道から山に入りました。

a0016171_23261481.jpg
道沿いの民家が途切れると林道の入り口に車止めの鎖が張ってあります。ゴミの不法投棄を防止する為に入れないようにしてあるらしく、ここに車を駐めて登ります。

a0016171_23262493.jpg
車止めから徒歩で10分ほど進むと西山登山口の看板が見え、変則な五叉路の分岐になっています。

a0016171_23263084.jpg
右はバリケードと看板で進入を禁止していて、先は比較的新しい砂防堰堤が3つ築いてあるだけで奥は行き止まりのようです。

a0016171_23263826.jpg
道なりに真っ直ぐに延びた未舗装路が登山口のように見え、進んでみると砂防ダムと倒木で進路は塞がれていました。正解は左の赤茶色に錆びた鉄製の橋で、緩く張ってある鎖を跨ぎ橋を渡ってアスファルトの舗装路を進みます。

a0016171_23264332.jpg
やはりこの道も他と同じように砂防堰堤で行き止まりですが・・

a0016171_23265589.jpg
この砂防堰堤の少し下流の沢を横切り対岸へ渡り上流側へ。先日もこの山に登ろうと下調べをせずに挑んだのですが、分岐からどの道も先は砂防堰堤で途切れて進むことができずに登山を諦めてしまいました。

a0016171_23265957.jpg
堰堤敷設の階段を登って越えます。

a0016171_2327731.jpg
沢に沿って傾斜を上に登ります。

a0016171_23271180.jpg
ガレガレの岩場と倒木だらけの登山路には木々の枝にピンク色のリボンが結んであり、順路を外れることはありませんでした。

a0016171_2327256.jpg
薦野峠は清滝側から登ると分岐で右に行くと犬鳴山です。

a0016171_23273720.jpg
左に曲がり西山山頂へ向かいます。

a0016171_23274757.jpg
順路はロープで道を外れることはありません。木の根が階段のようで急勾配です。

a0016171_23275332.jpg
たどり着いた山頂には「演習中につき立ち入り禁止」と段ボールの看板にボールペンで記してあり、巻いてある有刺鉄線で進入を拒んでいます。

a0016171_2328368.jpg
山頂は防衛省管轄の敷地で今日は演習中とのことで立ち入ることができませんでした。360度見渡すことができるらしい景色の代わりに草まみれの軍用車両のトラックを写真に収めました。

a0016171_23281072.jpg
若い自衛官の男の子がいたので話を聞いてみるとこの演習は数日間続くそうです。山頂への到達は次回に持ち越しで近日中にリベンジでもう一度目指します。

標識は朽ちて落ち、道は壊れて行き先を見失いそうな登山道でしたがリボンのおかげで登れました。風水害で荒れた沢と倒木をかわしながら一歩ずつ先に進むのも自然と向き合っている感じがして私は好きです。
清滝の車止めから西山登山口まで徒歩で10分。
西山登山口にある錆びた橋から西山山頂までの所要時間は50分弱でした。
[PR]
by ra.i | 2011-11-15 23:48 | 登山・トレッキング | Comments(4)
Commented by りん at 2011-11-17 12:56 x
登頂できなくて残念。次回は迷彩服を着て紛れ込もぅ(笑)
Commented by ra.i at 2011-11-17 22:16
迷彩服だと工作員かテロリストと思われ取り押さえられそうだねぇ
仕事の邪魔をしたのに自衛隊のお兄さんから山頂に入れなくてすみませんと謝られてしまいました
Commented by くろいの at 2011-11-23 01:22 x
一番下の写真のとこは一度だけですがいったことありますねぇ
Commented by ra.i at 2011-11-23 09:53
くろいのさん、一番下の写真は西山山頂南側付近の看板です
犬鳴連山久山側から篠栗方面は私はまだ入ったことのない林道が走っていて探検に楽しそうですね
<< 犬鳴山 五家荘 >>