ブログトップ

晴天の備忘録

rairairai.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

のんびり日曜日

a0016171_206069.jpg
下関までトライアル選手権を見に行ってきました。山は奴らの縄張りです。

a0016171_206780.jpg
バイクが弾みながらリズミカルに岩を飛び越えていきます。

a0016171_2061314.jpg
このバイクに跨ったひとしさんの活躍を観戦するつもりでしたが、競技のオフィシャル作業が忙しそうで参戦は無しでした。

a0016171_2061977.jpg
ジンさんが颯爽と登場。緊張感も楽しめたらいいですね。

a0016171_2062572.jpg
昼食はいつもの丸亀製麺で桶に入った温かいうどんの特盛り。

a0016171_2065294.jpg

a0016171_2065799.jpg

a0016171_207328.jpg
数年ぶりの門司港レトロはイベントが行われていてずいぶん賑わっていました。秋の日差しも日向はまだ暑く、男4人で小さなテーブルを囲みのんびりかき氷を食べるのんきな午後でした。
[PR]
by ra.i | 2011-09-25 20:19 | お出かけ | Comments(6)

極低山

a0016171_321027.jpg
数ヶ月間オフロードはまともに走っていません。久しぶりにシェルパで山道の蜘蛛の巣を払いに行ってきました。

a0016171_321778.jpg
初めて行く低山の山頂へは轍を辿るだけで引っかかることも無くたどり着くことができました。夏が過ぎて風のない林の中は直射日光の照りつけが無く心地良いです。

a0016171_3211460.jpg
木の根と掘れる土が行く手を阻みます。見た目以上に難所で体力を消耗します。

a0016171_3212033.jpg
送電線の電磁波にも負けません。

a0016171_3212737.jpg
展望所から見える低っくい眺望と白く大きな給水槽。

a0016171_3213491.jpg
自然保護を叫ぶ横に綺麗で鮮やかなグリーンが広がっています。

a0016171_3213928.jpg
お昼ご飯はマグロ丼特盛り。鮮度の味とボリュームと値段にとっても満足できるお店でした。

a0016171_3214639.jpg
前から存在は知っていていつも鎖が行く手を阻むバイク専用のオフロードコースに行ってみました。

a0016171_3215282.jpg
勢いだけ余り、まくれて仰向けになったバイクを起こしたり、ルートを見据えて後輪を持ち上げて向きを変えると骨と筋肉が軋みます。もっと上手くなりたいとはぁはぁ息を切らしながら泥だらけで考えますが、その前に後輪のトラタイヤのトレッドが極低山で路面を捉えずにグリップが甘過ぎるので新品取り替えが先だと思いました。
[PR]
by ra.i | 2011-09-23 23:59 | バイク・ツーリング | Comments(5)

湯川山

a0016171_20381940.jpg
湯川山(標高471m)を登ってきました。日本列島に大雨を降らせた台風15号がゆっくり去って、1週間ぶりに見た青空と秋の訪れを感じる涼しさです。

a0016171_20382729.jpg
国道495号の岡垣町と宗像市の境、垂水峠の車道脇に登山口があります。道沿いには車を数台駐めるスペースはありました。湯川山登山口の標識には「山頂まで2.5k」と記してあります。登りはじめの竹林は角度が急で積もった笹が多く蜘蛛の巣も、来る者を拒んでいるような感じがしました。

a0016171_20383386.jpg
どんぐりの林を抜けます。

a0016171_20384015.jpg
稜線に沿った登山道は傾斜がきつくてはぁはぁと息を切らしながら登る場所もあります。

a0016171_20384797.jpg
a0016171_20385627.jpg
足元は先日の台風でも新たに散った落葉と小枝が散乱してドングリの実が散らばっています。

a0016171_2039595.jpg
麓からもよく見える白い電波塔は九州電力の湯川山無線中継所です。

a0016171_2039175.jpg
所要時間は40分で登頂しました。

a0016171_20392450.jpg
山頂は少し開けていて響灘側だけ眺望があり北西の方角の海に浮かんだ地島と大島の端っこが見えます。

a0016171_2039306.jpg
山頂から元来た道を少し下山するとパラグライダーの離陸場があります。

a0016171_20393578.jpg
離陸場からは東側の三里松原と北九州市を望むことができます。
湯川山には舗装整備された道を楽な方法を使って何度も登ったことのあるのですが、今回は初めて人の手が大きく入っていない獣道のような登山道を一歩づつ踏みしめながら登ってみました。数カ所道を間違えそうになりましたが道標と要所要所にロープが張ってあり道を外れることはありませんでした。傾斜がきつく滑りやすいところもありますが程良い運動量で気分良く登れました。
[PR]
by ra.i | 2011-09-22 20:46 | 登山・トレッキング | Comments(6)

在自山

a0016171_22251952.jpg
福津市在自の金比羅神社の駐車場に車を駐めて在自山(標高249m)を登ってみました。

a0016171_22252846.jpg
在自山麓の金刀比羅神社と隣の宮地山の麓にある宮地嶽神社を結ぶ宮地嶽自然歩道を在自山山頂から先の展望所まで行ってみます。

a0016171_22253411.jpg
a0016171_2225432.jpg
桧林を抜ける登山道は所々階段が設けてありますが端や脇道で避けることができます。湿気で蒸し暑く汗だくで小さな虫がまとわりつき耳元の羽音がとても不快でした。

a0016171_22254784.jpg
山頂は広く設けられていて回りは木々が生い茂り眺望はありません。駐車場から山頂までの所要時間は18分でした。とれーるなら一気に駆け上がり2~3分でしょ

a0016171_22255521.jpg
展望所から見た玄界灘、宮地浜方面。
長く居座る台風であてにならない天気予報は今週末ずっと雨なのにやっぱり今日も降りません。明日以降の予定が立てづらく困ります。
[PR]
by ra.i | 2011-09-17 23:20 | 登山・トレッキング | Comments(2)

立花山

a0016171_2064726.jpg
立花山を登ってきました。福岡市東区、新宮町、久山町にまたがる山で標高は367mです。今日は台風が九州の南を西にゆっくり移動しているのが原因のフェーン現象で、気温は34℃を越えたらしいのですがカラッとした暑さです。

a0016171_2065468.jpg
新宮町立花口の登山者用駐車場からアスファルトの舗装の道を案内に従って進むと10分弱で登山口に着きました。

a0016171_207087.jpg
a0016171_207876.jpg
登山道は、偽木の階段や木製の橋が土の斜面を残して程良くでしゃばりすぎず整備され、ほとんどが離合できるゆとりのある道幅です。

a0016171_2071599.jpg
登山口から山頂までの所要時間は20分でした。木々に覆われた登山道を抜け、見晴らしの開けた山頂にたどり着くと達成感があります。山頂には木陰とベンチがあります。

a0016171_2072260.jpg
山頂から西側の眺望です。写真左、茶色のアイランドシティーから雁ノ巣に架かる橋と海の中道、志賀島方面。

a0016171_2072897.jpg
福岡市の全景が望めます。近くを旅客機が飛んでいるみたいでエンジン音がよく聞こえました。

a0016171_2073681.jpg
a0016171_2074265.jpg
ひっきりなしに登山者が訪れる山頂の滞在時間はほどほどに下山しました。この山の中腹は立花山クスノキ原始林という巨木の群生地があり、その中でもひときわ大きな「立花山大クス」を見に登山道から脇道に逸れてみました。林野庁の森の巨人たち百選に選定され、幹周り8mで樹高30m、樹齢は300年以上だそうです。

公園のように安全に気軽に登れる山で山頂から景色も良く、樹木の種類も多くとても良い山でした。

a0016171_2074816.jpg
下山して登山口から宗像四塚連山が見えました。
[PR]
by ra.i | 2011-09-15 20:38 | 登山・トレッキング | Comments(4)

中秋の名月

a0016171_21241283.jpg
ピンク色ボディーがかわいいキヤノンのデジカメの光学最大望遠で撮った丸く小さなお月様。

a0016171_2124216.jpg
近所の公園に掛かっている木製人道橋の欄干にカメラを乗っけて月を撮りました。回りは薄暗くて、どう見てもカメラを持った不審者なので、さっさとシャッターを切り家で写真の月を見ながら乾杯~
[PR]
by ra.i | 2011-09-12 21:36 | 気になる | Comments(3)

大谷渓谷

a0016171_2364890.jpg
夏が過ぎる前に水遊びをしに大分県の大谷渓谷まで行ってきました。去年8月ぶりの渓谷は、夏休みのキャンプの季節が過ぎて訪れる人はまばらです。

a0016171_2365346.jpg
丸い石が転がっている河原は渓谷の入り口です。

a0016171_237135.jpg
ずいぶんTLMも馴染んできたかも、颯爽と水面を切り裂くWさん。

a0016171_237616.jpg
私は沢に入り5分後には轍のような川底の溝を見誤り、タイヤを落として転んでシェルパと一緒にじゃぶんと半身浴して夏を満喫。

a0016171_2371332.jpg

a0016171_2371861.jpg
マシントラブルで先に進めないのでここで昼食。

a0016171_2372574.jpg
一枚岩の走行ルートは光できらきら反射する水面から川底の様子を伺って決めるのですが、ちょっとの判断ミスは深みにはまり全身浴とバイクは溺れてしまいました。TLMは心肺蘇生も空しく失敗。

a0016171_2372957.jpg

a0016171_2373699.jpg
たくさん笑って楽しい一日でした。ガソリンの消費量が少なすぎたので来年も同じメンバーで当然リベンジ決定です。
[PR]
by ra.i | 2011-09-11 23:39 | バイク・ツーリング | Comments(5)

たまにはメンテナンス

a0016171_20131843.jpg
普段使いでラフに扱っているオフ車は比較的まめに整備をしていますが、隼にはチェーンへ注油、たまにエンジンオイルの交換と減ったタイヤの交換してもらい以外はほぼノーメンテです。今日はネジだらけで外すのが面倒なアンダーカウルを左右両方とも取り外しました。

a0016171_20132830.jpg
真夏にへたったエンジンオイルを新油に、オイルエレメントも交換。燃料タンクを持ち上げてエアーエレメントとスパークプラグを新品交換とスロットルボディーの清掃。F、Rブレーキフルードと茶色く濁ったクラッチのフルードをついでに抜き換え、LLCも交換しました。オドメーターは8,536km
[PR]
by ra.i | 2011-09-08 20:50 | バイク・ツーリング | Comments(3)