ブログトップ

晴天の備忘録

rairairai.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

入院

a0016171_21241095.jpg
3年ぶりに整形外科病院に入院しています。先日バイクで転んだ時に傷めた背中は肋骨が4本折れ、肺に穴が開き2/3の大きさに萎んで血だか水が溜まっていると説明を受けました。私は入院はできないと一旦自宅に帰りましたが、昨日病院から今から入院してくださいと連絡がありました。治療も入院期間の目安も決まってなく安静状態で様子を見ているだけです。寝ていると痛みが増しているような気がします。薬が効いてないときは身体を捻ると痛みが走ります。痛くて上体をベッドで起こすのを躊躇しているとき見える天井の写真です。

自宅では安静にできないから静養と経過を見るための入院です。手術も注射もありません。薄口の食事をおいしくないと文句をいっているくらい元気です。
[PR]
by ra.i | 2011-10-19 19:13 | Comments(12)

佐賀県のお山ツーリング

a0016171_1541837.jpg
西の方のお山は4ヶ月ぶりです。ちょっと早起きしてシェルパを荷台に載っけた軽トラックで、福岡市都市高速に乗って二丈町のいつもの待ち合わせ場所へ向かいました。

a0016171_15412167.jpg
アスファルトや未舗装路の林道を繋ぐとずいぶん長い距離を走れます。4台のオフ車で4時間耐久林道ツーリングです。

a0016171_15412538.jpg
数日前に降った雨で土の路面は程良く湿り気を帯びてコンディションは最高です。

a0016171_15413458.jpg
知らない山の中は地理感や方向感覚ががいつも以上に無く、何処にいるのか何処に向かっているのか私にはさっぱりわかりませんが林道はどこまでも続きます。体全体を使って地球の磁場を感じ取りこっちが北と人間GPSをしています。

a0016171_15414323.jpg
アスファルト路面のスピードに乗った峠道の登りカーブで苔と濡れ落ち葉を踏んで後輪がスリップ。体は右肩と頭から地面に落ちたみたいで、息ができないくらいの激痛で立ち上がることができずに座り込んでしまいました。 写真は崖崩れで狭くなった道を、脇腹が痛いとテンションの下がった私の代わりにシェルパを運んでくれているところです。

a0016171_21242030.jpg
軋む体は肋骨が4本折れ、息苦しい肺には片方穴が開いて萎み血が貯まっていると病院でCTの画像を見ながら医師に説明されました。しばらくは毎日の通院と安静です。お世話になった皆さんご迷惑をおかけしました。



a0016171_156254.jpg
【追補】ここで転びました。
[PR]
by ra.i | 2011-10-16 23:59 | バイク・ツーリング | Comments(11)

戸田山

a0016171_19484372.jpg
宗像市と岡垣町の間にある戸田山(267m)を登ってみました。八所宮の前から見た戸田山です。

a0016171_19484959.jpg
宗像市吉留、県道287号沿いの林道入り口の登山口から登ります。

a0016171_19485640.jpg
程良く荒れて壊れかけた楽しそうな道です。

a0016171_1949279.jpg
杉林は一部、直径20センチはありそうな孟宗竹で浸食されています。長い期間誰も通っていないようで蜘蛛の巣だらけの道でした。

a0016171_1949774.jpg
麓から山頂まで、木の幹を斜めにスライスした板で手作りの標識の案内で迷うことはありません。山頂の狭い広場は木々に囲まれ眺望はありません。登山口から山頂迄の所要時間は20分でした。途中の分岐で別ルートのダイエットコースを選び山頂を目指すことができるみたいです。次はそちらを登ってみようかな。

ここは記録用のブログなんだけど同じような写真ばかり並んでいるのはやっぱり変ですよねぇ
[PR]
by ra.i | 2011-10-12 20:13 | 登山・トレッキング | Comments(4)

鷹取山

a0016171_2391251.jpg
福智山山頂から見た鷹取山(633m)山頂は開けていて見晴らしが良さそうでした。左の山ではなく写真中央の遠くが鷹取山です。

a0016171_2391821.jpg
福智山から上野峡方面に下山途中に寄り道をしてみました。山頂は400年前に廃城になった鷹取城の城壁跡が残っています。綺麗に草刈りが施されていました。

a0016171_2392443.jpg
福智山から下山途中に上野越の分岐から片道500mで所要時間は10分程度です。
[PR]
by ra.i | 2011-10-10 23:59 | 登山・トレッキング | Comments(2)

福智山

a0016171_2333622.jpg
北九州では最高峰の福智山(901m)に登ってきました。遠くからも見える山でいつかは山頂から見下ろす景色を眺めてみたいと思っていました。

a0016171_2334292.jpg
上野峡の登山口に路駐してスタート。

a0016171_2334866.jpg
登りはじめの登山道は大きな岩の転がるガレ場ですがすぐに終わります。木々に覆われた道も傾斜が浅く、なんちゃないですがだらだらと延々と続きます。離合や追い抜きも余裕の道幅で自分のペースで登ることができます。

a0016171_2335297.jpg
頂上をめざせ 一歩ずつ確実に

a0016171_2335872.jpg
登山道は残り300mで視界を遮る木々が無くなります。山頂を見上げることができるようになるともう少しでゴールです。

a0016171_234465.jpg
ススキと笹の道を辿ります。

a0016171_2341066.jpg
登山口から山頂へ3.8kmの所要時間は1時間でした。山頂の看板裏にぶら下がっていた温度計は22℃を示しています。

a0016171_2341596.jpg
限られた積載スペースに詰める簡単に空腹を満たす食べ物を考えるとおにぎりしか思いつきません。ちょい変形したセブンイレブンのおにぎり。

a0016171_2342336.jpg
残念な霞んだ景色です。写真は山頂から西の直方市、宗像市方面。

a0016171_2343692.jpg
平尾台方面とガリガリ削られてかっこいいお山

a0016171_2344454.jpg
尺岳とか皿倉山、八幡方面。

a0016171_2345151.jpg
下山途中に寄り道した鷹取山から見上げた福智山です。

a0016171_2345865.jpg
登山口近くの白糸の滝にも寄ってみました。

a0016171_235348.jpg
直方の遠賀川河川敷から見た霞んだ福智山です。
去年から福智山近辺の山のピークハントはいくつかしていて、念願の一番標高が高い福智山に登ることができました。体育の日の今日は季候が良く山頂を訪れる人がとても多く賑わっています。口うるさいと伝説のメロンパンを囓っている人はいませんでした。体調と体力は充実を感じていて余力を残して気分良く登ることができました。
[PR]
by ra.i | 2011-10-10 23:58 | 登山・トレッキング | Comments(4)

はちみつレモンの影に悲しい物語

a0016171_12191434.jpg
「はちみつ」はさ 本当は「桃」が好きだったんだ。でもどうしても企業の戦略で「レモン」とコンビを組むことになって「桃」と無理矢理分かれたんだ。今でもはちみつレモンは八百屋の前を通ると桃の姿がちらっと見えるじゃん 胸がキュンっとするんだって。

【は~~ちみつレモン】
[PR]
by ra.i | 2011-10-08 21:59 | 気になる | Comments(0)

金山

a0016171_28649.jpg
いつもの城山の山頂から今来た登山道とは反対の石峠側に降りて2年ぶりに金山(317m)に登ってみました。城山山頂から隣の金山山頂迄の距離は2.3kmです。

a0016171_28944.jpg
尾根に沿った道に分岐は無くトラロープの誘導も有って迷うような所はありません。

a0016171_281797.jpg
城山から金山北岳迄の所要時間は45分です。

a0016171_282266.jpg
山頂からの景色は北側の孔大寺山方面のみです。来た道を引き返し城山の教育大側登山口に戻りました。


H24.7.12 11:50 城山山頂経由で再度登頂
[PR]
by ra.i | 2011-10-07 23:59 | 登山・トレッキング | Comments(2)

六ヶ岳

a0016171_9471679.jpg
しばらく続いた昨日までの雨が上がって青空が覗いたので、鞍手町と直方市、宮若市に跨る六ケ岳(むつがだけ)に登ってみました。標高は339mで山頂にはテレビ中継局のアンテナが立っています。

a0016171_21103948.jpg
登山口は別方向から3ヶ所有り今回は鞍手側から登ります。

a0016171_21104863.jpg
テレビ塔の電源供給用の電線に沿っての登山道で、つづらで上がるのではなく山の傾斜をそのままに急角度で登ります。ガレガレでごつごつの岩場だらけの道は所々崩れて足場は不安定です。

a0016171_21105092.jpg
距離は短いのですがずっと荒れ気味な地面でした。

a0016171_2111017.jpg
登山口から20分弱で登頂。山頂では先客のおじさんとしばらく会話。以前、燃やされて焦げていたこの看板を修復して立て直したそうです。

a0016171_2111212.jpg
障害物が無く360度見渡せる山頂の景色は気分良いです。写真は山頂のテレビ塔と北九州方面。

a0016171_21111133.jpg
数年前に山頂に建ったテレビ塔の材料の搬入は人力でもヘリコプターでもなく、果樹園とかで収穫時に使われるような簡易的なモノレールみたいなので宮若側の麓から運んでいたそうです。

a0016171_21111390.jpg
近日中に登ってみたい福智山。

a0016171_21112245.jpg
六ヶ岳山頂から見た宗像方面の写真中央左は新建山でその右は四ツ塚連山。

初めて登ったこの山が遠くまで見渡せる景色は想像以上に美しく良い発見でした。次は別のルートを辿って登ってみます。
[PR]
by ra.i | 2011-10-06 21:11 | 登山・トレッキング | Comments(5)

雁股峠

a0016171_221919100.jpg
何かを暗示するかのような曇り空の下、大分県との県境に近い山道を走ってきました。比較的フラットな林道を走り抜けた後は、大分県中津市から福岡県築上郡吉富町を結ぶ大分県道・福岡県道109号福土吉富線という道の案内標識の無い雁股山登山口を探します。

a0016171_22192654.jpg
県道なのに大分県側は全く整備されていなくて廃道状態です。路面は補修されることもなく朽ち、倒木の処理もされていなくて道に横たわる数十本の木は人が通る隙間だけぶった切ってありました。

a0016171_2219324.jpg
こんなところを潜っていいのか?と、トンネル手前で停車。冒険気分もここで最高潮に楽しいのです。

a0016171_22193736.jpg
雁股峠の大入隧道は車は通過できない小さなトンネルで、素堀のトンネルをコンクリートの吹き付けで固めてあります、トンネル内の壁面は凸凹していて暗く照明はありませんでした。

a0016171_22194542.jpg
トンネルを抜けると福岡県。アスファルト敷きの農道を、エンジンを切って惰性で坂を下りていると道ばたにはヒガンバナが綺麗に咲いていました。
[PR]
by ra.i | 2011-10-02 23:59 | バイク・ツーリング | Comments(3)