ブログトップ

晴天の備忘録

rairairai.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

二丈のお山

a0016171_23195983.jpg
ちょっと早起きして軽トラックにスーパーシェルパを乗っけて西に向かいます。いつものスポーツ公園にトラックを駐めていつものファミマに集合で「いつもの早朝ツーリング」に参加しました。集まったのは主催の廣輪さんとぶるずaiさんと私の3人です。タイヤの空気を程々抜いて山に入ります。間伐材がゴロゴロ転がっている山は昨日の雨で湿っていました。エンストしそうでまくれそうな急傾斜の我慢やカツンッとアンダーガードに岩が当たる感触もずいぶん久しぶり。荒れた斜面を楽しくてにやにや笑いながら駆けます。

a0016171_2320187.jpg
これからヒルクライムにチャレンジ。程良く締まった土の路面に新しく山の高いトラタイヤは食いまくって滑る気がしません。

a0016171_23201242.jpg
キックの再始動に苦戦のXLRのぶるずさん。エンストさせないようにアクセルとクラッチを使いながらのガレ場越えで安定した走りです。行けないと言いながらもひょいひょいクリアします。

a0016171_23201212.jpg
相変わらず上手な廣輪さん。草が生い茂り入り口がわからないようなガードレールの隙間から侵入する道にも精通されていて、山の中でも一緒に走っていると安心できます。

a0016171_2320245.jpg
a0016171_2320262.jpg
a0016171_2320368.jpg
ぶるずさんは私の恥ずかしい動画を後ろから撮っていただいたお返しに写真を多めに貼っておきます。
昼過ぎまで走って汗かいて笑ってラーメン食べて解散、駐めてあるサンバーにバイクを積載して撤収。 シェルパでの走行距離は77kmでした。

a0016171_0121422.jpg
夜は博多駅でオンツーリングの飲み会に参加させてもらいました。私は疲れた身体にアルコールが染みて笑いすぎかな?楽しい飲み会でした。

a0016171_134655.jpg

[PR]
by ra.i | 2012-05-26 23:59 | バイク・ツーリング | Comments(11)

H彦山の林道ツーリング

a0016171_20561347.jpg
我が家から2分のコンビニでツーリング主催のkimkimさんと待ち合わせ。道の駅おうとう桜街道で皆さんと待ち合わせで9:00出発で山へ向かいます。体中をプロテクターで防御してシェルパに乗って林道虎の穴作戦・H彦山編に参加しました。Y師林道とK読林道は去年の10月以来久しぶりの順路です。

a0016171_20561954.jpg
峠の手前で合流。8台8名になりました。私はほぼ皆さんとは初対面です。

a0016171_205624100.jpg
笑顔が絶えない林道ツーリングなのですがバイクが無残に転がった痛そうな場面にも数回遭遇しました。

a0016171_2056315.jpg
a0016171_20563730.jpg
a0016171_20564549.jpg
a0016171_20565245.jpg


a0016171_20565750.jpg
お見送りまでの方や途中離脱、負傷離脱と昼食後の復路は5名に減って林道を抜けました。左足首を負傷された方は大事じゃなかったら良いのですが・・
[PR]
by ra.i | 2012-05-20 21:49 | バイク・ツーリング | Comments(4)

平戸から生月島

a0016171_2358501.jpg
長崎県平戸市の北松浦半島から赤い橋を渡り平戸島へ。そこから北西へ水色の橋を渡って生月島へバイクでツーリングに行ってきました。私は8:00に二丈パーキングへ、伊万里道の駅と集合地点を経て、最終集合地点の道の駅 松浦海のふるさと館には福岡、久留米、熊本、鹿児島!ナンバーのバイク11台11人が集まりました。

a0016171_23593444.jpg
今日食べたものその1。人気の丼で13時には品切れの逸品は500円と写真の大盛りは600円。

a0016171_2359248.jpg
生月島、大碆(大バエ)鼻の断崖から恐る恐る身を乗り出して見た南西の切り立った海岸線。

a0016171_23594437.jpg
高さにすくんで腕だけ伸ばして下を撮ってみました。灯台横の岩の隙間から高さ100mの断崖を上から真下を見下ろすと吸い込まれそうな気がします。火曜サスペンスのエンディングを感じることが出来ます。

a0016171_23591427.jpg
大バエ灯台

a0016171_23595744.jpg
灯台からいえーい

a0016171_0234413.jpg
わたくしの写真 だぶるさん撮影

a0016171_23592533.jpg
今日食べたものその2。澄んだスープのラーメンは出汁が飛び魚で麺はモチモチです。14:00過ぎでも行列ができていました。

a0016171_00826.jpg
街から遠く離れた海岸線のアップダウンをペース良く走っていると思ったより距離を走っていてタンクのガソリンの残りが心配になります。通りがかりの地元のクラウンパトカーを止めて最寄りのガソリンスタンドの場所を尋ねています。

a0016171_23593775.jpg
今日食べたものその3。8チョボ+トッピング3っつ

ずっと暖かい日が続いていましたが、今朝は革ジャンを着込んでいても肌寒くてハヤブサの排熱で足元が温かくて快適に感じました。空は曇っていて遠景は霞んでいて海は空同様ねずみ色です。私にとっては初めて訪れる離島への橋や生月島の海岸線の景色や道が新鮮で心地良く走れ、食べ物もおいしく満足なツーリングでした。次回は天気の良い日に今回食べることのできなかった刺身バイキングを目指して平戸へ向かってみます。 走行距離は420km弱
[PR]
by ra.i | 2012-05-13 23:59 | バイク・ツーリング | Comments(7)

脊振山

a0016171_2152375.jpg
人気店で昼食時にお腹を空かせて並んだ列は長く、レジで渡された23と記した番号札は、小一時間掛かって蕎麦が私の座っているテーブルに運ばれてきました。初めて食べる三瀬そばに期待が高まります。大きめの四角いザルに盛った板そば(大)は見た目もボリュームがあります。瑞々しい太めの蕎麦は弾力と噛み応えがあり麺が生き生きとしています。私が普段食べているブツブツ切れる乾麺とは別次元の食べ物です。うまっ 別に頼んだ天ぷら盛り合わせにはなぜか梅干しの天ぷらが入っていました。

a0016171_21532176.jpg
脊振山の山頂は航空自衛隊春日基地の分屯基地があり、白くて丸いレーダーサイトが麓から見えて以前から気になっていました。有刺鉄線に囲まれた防衛省管理の敷地内にはかっこいい車両が扉を開け放して干してあります。山頂直下の自衛隊施設の横には駐車場がありジュースの自販機とトイレまで設置してあります。

a0016171_21524937.jpg
福岡市と佐賀県に跨がる脊振山系最高峰の山、脊振山(1,055m)は駐車場から山頂まで徒歩での所要時間は4~5分です。

a0016171_21533256.jpg
山頂は石で作った背振神社の社とレーダーサイトの対比が素敵です。

a0016171_21534679.jpg
a0016171_21543634.jpg

山頂から見た昨日登った太宰府、宝満山方面です。
[PR]
by ra.i | 2012-05-07 00:18 | お出かけ | Comments(5)

宝満山

a0016171_20374662.jpg
昨日までの曇天が一転して眩しいくらい空が晴れ渡っています。職場には朝だけ顔を出して自宅に戻り登山の準備。登山口は我が家から車で1時間の距離にある太宰府市の竈門神社です。宝満山(829.6m)に初めて登ってきました。福岡では超メジャーなハイキングコースで身内も含め私の周りではほぼ皆、過去に登った経験があります。学生時代に登らされたと憎々しく過去を語る人もいました。写真は竈門神社の駐車場、スタート地点の鳥居が立っている場所です。

a0016171_20375355.jpg
登山路は踏みしめられて堅く締まっていますが昨日の雨で湿っていて滑りやすくなっています。この山はひたすら石段がずっと続きます。

a0016171_2038034.jpg
8合目を過ぎると山肌が岩に変わります。小さな子供や小型犬も高い石段に元気に挑んでいます。

a0016171_203859.jpg
袖すり岩間で来ると空が開け景色が見えます。頂上まであと少し。

a0016171_20381188.jpg
山頂には大きな岩の傍らに地味な山頂の標識が刺さっています。

a0016171_20381657.jpg
とても天気の良いGWの終盤で竃門神社上宮のある山頂は多くの人が訪れていました。竈門神社の鳥居から山頂まで所要時間は1時間10分弱でした。

a0016171_20382223.jpg
山頂の岩の上から見た福岡市方面です。以前から登ってみたいと思っていた宝満山にやっと登ることができました。登山路は変化の乏しい石段ばかりの道で息を切らしながら黙々とソロで登るのは修行のようです。次は別ルートで山頂を目指してみます。下山の所要時間はちょうど1時間でした。
[PR]
by ra.i | 2012-05-05 21:20 | 登山・トレッキング | Comments(10)

雷山

a0016171_23505471.jpg
福岡市都市高速をリヤにプラ製の黒いトップケースを背負ったWRに跨がって西に向かいます。背振山系の福岡県糸島市と佐賀市の境にある雷山(954.5m)に徒歩で登ってきました。山へはいつも1人で登っているのですが、子供の頃の遠足以来に団体の列に並んで登山路を進みます。写真は糸島の登山口近く、バイクを駐めている雷山観音前バス停駐車場から見上げた雷山です。

a0016171_2351129.jpg
春に新しく芽吹いた木々の新緑は鮮やかな黄緑色です。

a0016171_2351493.jpg
今回は12人で登りました。この場所から山頂までは残りあと少しです。

a0016171_23511160.jpg
山頂にはモニュメントのように大きな岩が突き出ています。360度見渡せる眺望は今日は黄砂の影響か、遠くが白く霞んでいます。雷山観音前バス停駐車場から雷山山頂までは休憩を入れて2時間半かかりました。

a0016171_23511418.jpg
山頂広場を吹く風は穏やかで心地よく流れ温度計は20℃を示しています。各自用意した昼食を広げます。コンビニのおにぎりを食べながらお湯を沸かす機器が有るといいなと思いました。

a0016171_23512112.jpg
山頂から西に はがね山標準電波送信所の電波塔が空に向かって針のように細く立っているのが見えます。このアンテナは日本で2カ所、福島の大鷹鳥谷山と佐賀と糸島の境の羽金山に立っていて、電波時計の受信する標準時間の電波を発信しているらしいです。

a0016171_23512420.jpg
北側の景色は遠くに海が見えます。下山後は二丈温泉きららの湯で汗を流して帰りました。

今回はmixiで見つけたイベントに参加した登山です。グループで登ると安心して高い山に登れ、情報交換ができて新しい繋がりもできました。まだ登ったことのない未知の山に惹かれます。
[PR]
by ra.i | 2012-05-01 10:24 | 登山・トレッキング | Comments(2)